南会津町観光応援隊

更新日:2021年11月05日

  南会津町観光応援隊とは、芸能・スポーツ等の分野で活躍している個人または団体が、大会や発表の機会を通して「観光・文化・歴史・自然・地場産品等」を広くPRし、町の観光振興とイメージアップに貢献する活動を行う応援隊です。

  現在、會津田島太鼓保存会が観光応援隊として、全国各地で南会津町のPR活動を行っています!

 

會津田島太鼓保存会演奏会inやないづ【令和3年10月24日(日曜日)】

   10月24日(日曜日)に柳津町のきよひめ公園で行われた、演奏会の様子を写真にてお届けいたします。

會津田島太鼓保存会演奏会inやないづ【イベントチラシ】(JPEG:249.3KB)

會津田島太鼓保存会

會津田島太鼓保存会とは

 田島太鼓 龍巳会として、福島県南会津町で2007年に結成し、辰年・巳年生まれの子ども達が結成メンバーであることから「龍巳会」と名付けられました。2018年より、たくさんの方に太鼓に親しんでもらうため太鼓教室を展開、和太鼓での地域活性・交流人口の増進に更なる重点を置くべく「會津田島太鼓保存会」へと名称を変えました。メンバーは小学生~青年の幅広い年代で構成されています。
  主力チーム「白鼓」(びゃっこ)は成人した結成メンバーが主となり、中高生ジュニアチーム「狐ノ刃」(このは)、小学生チーム「鼓狐」(ここ)を率いて積極的に活動中です。合言葉は「全打入魂」。和太鼓日本一決定戦ジュニアの部優勝、一般の部準優勝の経歴を持ち、地元の伝承を元にした創作太鼓を主に演奏。物語を語るように太鼓を打ち、ひとの心を打つ太鼓を目標に、国内だけでなく海外でも「南会津の音」を響かせています。
 また、南会津町の観光を広く広報していただくために2015年より「南会津町絆親善大使」、2019年からは「南会津観光応援隊」として活動を行っています。

経歴

◇受賞歴◇

 

 

令和3年9月12日(日曜日)

第24回日本太鼓ジュニアコンクール福島県支部大会【優勝】

チーム:會津田島太鼓「狐ノ刃」
會津田島太鼓保存会の中高生で構成されたチームです。

演奏曲:猿飛
南会津町田島の大自然。故郷の鼓動を響かせるその姿、木から木へ飛び移る忍者のごとく。自然災害やあらゆる困難に立ち向かう田島魂を込めた曲です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

・太鼓祭 第5回日本一決定戦 組太鼓ジュニアの部【優勝】
・太鼓祭 第7回日本一決定戦 組太鼓一般の部【準優勝】
・太鼓祭 第4~7回北日本大会 組太鼓一般の部・ジュニアの部【W優勝・四連覇】
・第50回岡谷太鼓祭 世界和太鼓打ち比べコンテスト一般の部【準優勝(岡谷市長賞)】
・第18回日本太鼓ジュニアコンクール全国大会【特別賞】
・第6回東北太鼓ジュニアコンクール【第3位】
・第18・19・22回日本太鼓ジュニアコンクール福島県支部大会【優勝】

その他、多数コンクール等受賞

◇出演歴◇

・TOKYO2020オリンピック聖火リレー
   グランドスタート
・会津田島祇園祭
・まるごと南会津観光PRフェア
・国民文化祭
・全国太鼓フェスティバル
・まつりインハワイ(海外:米国)
・宜蘭国際童玩藝術節(海外:台湾)

その他、多数イベント出演

◇公演◇

・田島太鼓 龍巳会10周年記念コンサート「天狐」(2016)
・會津田島太鼓保存会2020南会津公演「神の棲む里」(2020)
・會津田島太鼓南会津公演2021「白鼓の陽祭り」(2021)

代表演目

『天狐白狐』

ゆらめく炎は祈りの鬼火。響く鈴の音は開始の合図。
これは、神の使いの白い狐が語る、賑やかで荒々しい、天の狐の物語。

 

- 暗い山中 あかい鳥居に響く鈴の音
ゆらゆらと灯る狐火 狐が口から吐く鬼火
荒ぶる狐を鎮める 豊穣まつり
あまつ狐 「天狐」-

 

 

出演依頼等は下記まで

【會津田島太鼓保存会(田島太鼓龍巳会)】
〒967-0004 福島県南会津郡南会津町田島字向川原甲1210-114
電話番号:0241-62-1046
ファクス:0241-62-1092
メール:ttc_tatumikai@yahoo.co.jp

関連URL

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課 観光交流係

〒967-0004
福島県南会津郡南会津町田島字後原甲3531番地1

電話番号:0241-62-6200
ファックス:0241-62-1288

メールフォームによるお問い合わせ