水道管の凍結にご注意ください

更新日:2022年01月06日

冬場に長期間留守にする場合や、気温が氷点下4℃以下になると水道が凍結しやすくなります。

屋外で陽が当たらない場所や風当たりの強い場所、むき出しになっている水道管などは特に注意が必要です。

水道管を凍らせたままにしておくと、水道管の破裂につながることもあります。

水抜栓で水を抜く、屋外水栓を電熱線などで保温するなど、凍結防止対策をしてください。

 

凍結したとき

凍結して水が出なくなった場合は、自然に溶けるまで待つか、凍った部分にタオル等をかぶせ、その上からぬるま湯をかけてゆっくり溶かしてください。

急に熱湯をかけると管や蛇口が破裂することがあります。

 

破裂したとき

もし、水道管が破裂した場合は、給水装置工事事業者に修理を依頼してください。

給水装置工事事業者がわからない場合は、環境水道課(0241-62-6140)にお問い合わせください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

環境水道課

〒967-0004
福島県南会津郡南会津町田島字後原甲3531番地1

電話番号:0241-62-6140
ファックス:0241-62-6106

メールフォームによるお問い合わせ